どうも、そのです。

 

サイトアフィリエイトでSEOに関わっていたら、日本語ドメインと中古ドメインはどちらがSEOに有利なのか?と言う点はとても気になるのではないでしょうか?

 

今回は、日本語ドメインと中古ドメインで同じキーワードを狙った私の実際の実例をもとに、どちらがSEOに有利なのか?について考えてみたいと思います。

 

対策キーワード

美容系の三語複合キーワード

 

日本語ドメイン

キャッシュ直後・・・62位

4日後・・・33位

 

中古ドメイン

キャッシュ直後・・・94位

4日後・・・97位

 

考察

こちら、今後の経過を随時ここに書き加えていく予定ですが、現時点の段階では日本語ドメインの方が上位にいる状態です。

 

ちなみに、日本語ドメインには一切リンクをつけていない状態です。

中古ドメインは一応ページランク上は3です。一年以上も前のランクなのでどこまで意味があるかわかりませんが、現在でもページランク5からのリンクをもらっていて、Googleでも被リンクが出ている、大きなリンク切れのない中古ドメインでそこそこのものです。

 

ここから中古ドメインが更に順位を伸ばして抜くのか?このまま日本語ドメインが上のままなのか?楽しみですね。

 

今回は、完全にライバル不在の穴場キーワードを狙っているのでサイトそのものは公開しませんが、メルマガをお読みになっていただいていると不定期で実際に稼いでいるサイトをいきなり公開したりしています。

というか、さすがにメルマガぐらいでしか公開できませんので(汗)

よろしければ、この機会にすぐ下のフォームから登録しておいてくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント
参加中のブログランキング


RSS