年始になると、多くの方はその年の目標を考えますよね。

あなたは、もう今年の目標を設定されましたでしょうか?

 

「今年こそは絶対に目標を達成するぞ!」と思っているなら、今回の記事には是非目を通していただきたいと思います。

 

目標設定で失敗する3つのパターン

  1. 目標が特にない、もしくは漠然としている
  2. 目標を忘れてしまう
  3. 目標を途中であきらめてしまう

主にこの3つが失敗するパターンと言えます。

目標が特にない、もしくは漠然としている

これは、何となく今年中にこれができたらいいなとか、そういったレベルの目標ですね。

目標というか願望レベルです。これでは、まず目標に向かって行動することの方が難しいので、もっと明確に目標を設定しないといけません。

 

目標を忘れてしまう

これの一番多くが目標設定をすることが目的になってしまって、目標を作っただけで満足をしてしまうパターンではないでしょうか。

目標設定だけでやりきった感が出てしまうんですよね(汗)

 

でも、これでは全く意味がありませんので、目標を忘れない努力や工夫が必要になります。

 

目標を途中であきらめてしまう

途中であきらめてしまうというのも、多くは目標設定の見込みが甘いのが原因だと思われます。

また、目標達成への覚悟も甘い(願望レベル)というケースもあるでしょう。

 

本気で達成しようと思っていれば、決してあきらめることはないはずですので、目標設定の見直しが必要になります。

 

目標を達成するための7つのテクニック

  1. 半年後の目標を設定する
  2. 2週間後の目標を設定し、2週間ごとに見直し再度2週間先の設定を繰り返す
  3. 絶対に達成すると決める
  4. 周りの人に公言することで自分を追い込む(常に口にする)
  5. 目につくであろう場所に目標を貼っておく
  6. スイッチの切り替え動作を決めておく
  7. 日誌をつける

この7つを徹底することで目標達成に大きく近づく事ができます。

 

半年後の目標を設定する

一年後の年末でも良いのでしょうが、期間が長くなればなるほど目標も漠然としてしまいますし立てにくくなります。これも失敗しやすい要因の一つなのではないかと思っています。

なので、今年の目標という形であれば、6月末時点までの目標を設定するという感じですね。

 

半年後にどうなっていたいのか?という目標を立てるということです。

一年後の明確な目標があるとすれば、その半分の時点ではどうなっていないといけないか?という部分が目標になります。

 

2週間後の目標を設定し、2週間ごとに見直し再度2週間先の設定を立てる(繰り返し)

先に立てた半年後の目標達成に向けて進めていくために、直近の2週間で何をしないといけないかを考え、それを目標化するということです。

目標とノルマは別物なのでノルマ化しないように気を付けながら、あくまで目標として「数値でわかるように目標設定する」ようにしましょう。

 

以下はタイプによって違うと思うのですが、目標達成のコツを2パターン書いておきます。

【補足】目標達成の2つのコツ

どちらの方が合っているか考えて、ご自分のタイプに合わせて設定されると良いでしょう。

 

  1. 達成率が50%だと考えて、最初から倍の目標を設定しておく
  2. 絶対に達成できるレベルの目標設定をして小さな成功を積み重ねて自信をつけていく

 

これは、本当にタイプによって合う合わないがあると思います。

立てた目標の半分もできていたら良しとできる人は前者、立てた目標は全部できていないと凹んでしまう人は後者という感じでしょうか。

参考にしてみてください。

 

絶対に達成すると決める

これはよく言われていますが、「したい」「なりたい」ではなくて「する」「なる」と決めるということですね。

大人気の漫画ワンピースの主人公ルフィが「オレは海賊王になる」と言っているのも「絶対に達成すると決めている」からこその発言ですよね。

 

サッカーの本田選手なんかもワールドカップ出場時に「世界一になる」と言っていた記憶があります。「なりたいです」とは言ってませんでした。

サッカーに関しては、結果は惨敗になりましたが、この意気込みがなければ絶対に達成できないでしょう。

 

周りに公言することで自分を追い込む(常に口にする)

これは上記の「絶対に達成すると決めた」ことを周りの人に公言するということです。

言ってしまったからにはやらないといけなくなります。豪語すればするほどいいわけですよね。言えば言うほどやらないといけなくなりますから。

 

私も前まではこういったことはしていなかったですが、今は周りの人間に目標を公言するようにしています。

あ、ちなみに、私の目標などはちょいちょいメルマガで公言したりしていますので、興味がある方はご覧になってみてください(笑)

※メルマガはこの記事の一番下から簡単に登録ができます。

 

目につくであろう場所に目標を貼っておく

これは結構大事ではないかなと思います。一日の中で必ず使う場所などに貼っておくと効果が高いです。

居酒屋のトイレの「トイレの中まで失礼します」という張り紙並に、トイレは一度行くとある一定時間必ずいることになるので効果的ですよね。

家族がいらっしゃる場合は、トイレに貼る事で自然と上記の「周りに公言する」ということも同時に実現できるので一石二鳥と言えるでしょう。

 

スイッチの切り替え動作を決めておく

これも重要ですね。(全部重要だから7つのテクニックって書いてるんですが(笑))

これは、何かに取り組む際にモチベーションを上げるためにする動作と、失敗などをして凹んだ時に気持ちを元に戻す動作を決めておくことを指しています。

 

前者は、イチロー選手がバッターボックスに立った際にするアレみたいな感じです。アニマル坂口が連呼しているアレみたいな感じです。

 

後者は、深呼吸をするとか、ストレッチをするなど身体を動かしたりするものが主になるでしょうか。言ってみたらストレス発散法に近いですが、どこでもできることにしておくのが良いですね。

たとえば、カラオケで歌うとか銭湯に行くとかだと、特定の環境でしか満たせないので、いつでも満たせる動作を決めるのが良いでしょう。

 

これも結局は何だっていいわけです。

「これをしたらモチベーションが上がる」「これをしたら凹んだ気持ちをリセットする」と決めるだけ。

あとはそれに従うだけです。

 

日誌をつける

目標達成に向けて何ができて何ができなかったのかを可視化するということです。

可視化することでできたこととできなかったことが明確になり、それをチェックする癖をつけることでより目標達成への精度が上がるとされています。

 

これは正直、私もしっかりできていない部分でしたが、少し前から取り入れています。

 

以上、長くなりましたが、上記のことをしっかりと行えば、あなたの目標は高い確率で達成できる、もしくはこれまでより大幅に近づくことと思います。

是非参考にしてみてくださいね。

 

シェアなど大歓迎です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

このブログをお読みのあなたは特にパソコンを使う機会が多いでしょうから、冬の寒い時期は手が冷えてかじかんでしまい、タイピングがしづらいのではないでしょうか?

私も末端冷え症?というもので、手足の指先だけが冷える感じでずっと悩んでいたんですね。手の冷えが気になったりして、あまりにもパソコン作業の効率が悪いのもあり、何とかしようと考えついたのが・・・

 

「指先だけ開いてる手袋ってないのか?」

 

ということでした。

 

 

で、私が実際に検索したのが、

パソコン用手袋

 

色々と見てみた結果、良さそうだなと思って買ったのがここ。

ハンドウォーマーMAX スマホ手袋[I:9/40]

 

私は指の部分が長いものを買いましたが、女性の場合は短いこちらの方が良いかと。

841ハンドウォーマー スマホ手袋[I:9/40]

 

パソコン用手袋を使ってみて、手の冷え具合はどうなった?

まぁ、紹介だけしたってどんなもんかわからなければ響かないと思います(笑)

結論から言うと、「1,000円の価値は十分にある」ということですね。

 

やはり、すごく寒い日は、手袋をつけていても指先だけが寒かったりしますが、それもしばらく着けているとかなりマシになってきます。

 

タイピングしづらくないのか?操作性は?

個人差はあるかもしれませんが、私はまったく気にならないです。

 

強いて言うなら、最初の30分ぐらいは違和感があり、少しタイピングもしづらかったですが、慣れると全然問題ないです。

おそらく、最初の30分ぐらいは手袋がまだ馴染みきってないんだと思います。しっかり馴染んでくると動かしにくいということは全くないですね。

 

実際にパソコン用手袋を装着してみた感じ

2014-12-05 14.55.25

これ、到着したその日に一番最初に着けた時なので、今はこれより少し指の部分が縮んでます。

 

そう、馴染んでくると少し縮むんですよ。なので、それも考慮して買った方がいいかもです。

詳しくは、先ほど紹介した販売ページにサイズのこととか書いてあるので、気になる方はご覧ください。

 

総評

私としてはこの買い物はとても満足しています。むしろ、もっと早くに探して買っておけば良かったなと思うぐらいです。

手が冷えるのに困っているなら、これを使った方が快適にパソコンができるようになると思います。

 

 

私が買ったのがこちらです。

ハンドウォーマーMAX スマホ手袋[I:9/40]

 

女性の方や、指の部分がもう少し短い方がいいという方はこちらの方が良いと思います。

841ハンドウォーマー スマホ手袋[I:9/40]

 

 

私のように、あなたの冬のパソコンライフも快適になれば幸いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

パソコンを使った仕事をしている人にとって、パソコンでの目の疲れというのは日常茶飯事だと思います。中には、それが原因で頭痛が出る人もいるでしょう。自分では疲れていないと思っていても、目に負担がかかっている可能性もあります。パソコンに向かいすぎて目が悪くなった人もいるでしょう。

今回、お話する内容はすぐに実践できて、圧倒的に目の負担が軽減できる方法です。

されている方もいると思いますが、私の周りではほとんどの方がされていなかったのでシェアしますね。

 

画面の光度を下げる

機種にもよるかもしれませんが、ノートパソコンとかだと「FN」キーを押しながら、「F5」「F6」などで調整ができるはずです。ちなみに、特にここを触ったことがなければ、かなり明るい設定になっているはずです。私はこれを一番暗い設定にしています。外などで作業する時に周りが明るいとさすがに見えづらいので、その時だけは少し明るくしますが、それでも下から3番目ぐらいで十分です。

 

最初は慣れないので見えづらいかもしれませんが、一時間もしたら完全にそれに慣れますので大丈夫です。これをするだけで劇的に目の負担が軽減されるので是非試してみてください。

 

スマホやテレビも同じく

パソコンだけに限らず、スマホやテレビも同様に設定を変えると、より眼への負担は軽減されると思います。

正直、他の人の家でテレビを観ていると、まぶしすぎてすぐに目が疲れます。言ってみれば、それだけ眼への負担が強すぎる状態だということです。ここもすぐに改善しましょう。

 

一時間に一回は必ず休憩する

会社員だとなかなか難しいかもしれませんが、それでも一時間に一回は必ず休憩しましょう。しばらく目を強くつぶったり、できることなら外を見てなるべく目を動かすようにしましょう。

パソコンの場合、常に同じ場所を見続けているので、目の筋力が低下しやすいそうです。意識して目を動かすようにすることで、目が悪くなるのを防止できるそうです。

 

 

以上となりますが、どれも簡単に取り組めることなので、是非やってみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
最近の投稿
カテゴリー
最近のコメント
参加中のブログランキング


RSS